どんなことするの?工場バイト

ライン工として単純作業をするのが基本

工場内には色々な仕事が存在していますが、アルバイトなら難しい作業を担当させられる心配はありません。危険な作業も任されることはないと考えていいでしょう。慣れていなければできないような難しい仕事は、社員の人がやってくれます。アルバイトは、基本的にはライン工として単純作業をしていくこととなります。ベルトコンベアに乗って流れてくる製品に何か一つ加工をして、また次に流すわけです。作業の内容はシンプルで、その日現場で教えてもらえれば、すぐにできるようになるものばかりです。職場によっては立ち作業になることもありますが、体力的に厳しいということもあまりありません。仕事内容がきつすぎると、ベルトコンベアを頻繁に止めなければいけない事態になるからです。

工場によって任される仕事内容は変わる

工場と一口に言っても、精密機械を作る工場から食品を作る工場まで様々です。もちろん、工場の種類によっても任される作業の内容は変わります。精密機械を作る工場なら、クリーンルームで細かいパーツを取り扱うことが多いです。特定の場所のネジをひたすら締めていく作業などもメジャーですね。自動車工場なら、ひたすらドアだけを取り付けていく作業を任されることもあります。食品加工の工場なら、パッケージングに関する作業が多くなるでしょう。調理などは機械がすべてやってくれるので、その部分で人の手が必要になることはあまりありません。作業の仕方は社員の方にレクチャーしてもらえるので、何をするか分からなくても不安に思う必要がありません。